モビットをコンビニATMで利用する

キャッシングでお金を借りたり返済をするときカードを使う方法や口座を利用した方法があります。
なかでもカードを使ったキャッシングは、自分の生活範囲内にあればいつでも借入や返済ができるので利便性のあるキャッシング方法と言えます。
モビットはおもにインターネットを介してお金の借入や返済をするネットキャッシングが主な利用方法になっていますが、カードを使ったキャッシングができます。
カード発行をしてもらうには、郵送で送ってもらうか、インターネットで申込を済ませたあとカードを受け取る方法が指定できますので、ローン申込機から受け取る方法を選べば郵送でカードを受け取るより早くキャッシングが始められます。
多くのキャッシング会社でもカードキャッシングができますが、カードキャッシングをするために知っておきたいのが、会社の行き帰りや買い物途中に立ち寄れる銀行ATMや提携コンビニATMが有るかどうかを調べることが重要で、生活範囲内になければわざわざATMまで行かなければならないことになります。
また、提携コンビニATMがあっても利用手数料が必要かどうかということで、もし手数料が必要になると1万円以下の入出金は105円、1万円をこえると210円の利用手数料が必要になります。
それくらいのお金ならとも思えますが、実際は金利が高くなったのと同じことで、手数料といってもバカになりません。
モビットは提携コンビニATMの利用手数料が必要になるので、手数料無料の銀行振込で返済を考えましょう。

カードローンの申し込みから融資の流れ

銀行カードローンも消費者金融カードローンも、申し込みから融資までの流れは変わりありません。
それではどのような流れになるのかを確認しましょう。
1. 申し込み
カードローンによって申し込み方法は異なります。
郵送と電話での申し込み方法はどこでも取り扱いがありますが、今主流になっているのはインターネット申し込みです。
インターネット申し込みは24時間受付を行っています。
しかし申し込みこそ24時間受け付けているものの、審査対応時間は異なります。
即日融資を希望しているわけではない、そんなときであればどこにいてもインターネットにつながるデバイスさえあれば申し込みができるインターネットは便利な申し込み方法です。
また、自動契約機もあります。
契約機だけが設置されている無人の店舗ですが、大手消費者金融は全国に用意しています。
そのほか銀行でも三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、新生銀行のレイクが自動契約機を用意しています。
自動契約機のメリットは年中無休で営業時間も長いということです。
その場で申し込みから融資までが完結となります。
2. 必要書類の提出
申込者本人であることを証明するために必要な書類があります。
運転免許証が基本となりますが、パスポートでも対応がなされています。
顔写真付きが原則となっているため健康保険証では対応ができないこともあります。
3. 審査
申込書類に記載した内容と、個人信用情報機関への照会から審査が行われます。
信用力と返済能力を確認するためのものです。
確実に返済ができるという保証がなければなりません。
返済ができる保証がいないこともあります。
例えば金融事故などがあれば審査には通らない情報になります。
審査時間は30分ほどと短い時間になっています。
4. 在籍確認、本人確認
申込書に記入した本人電話番号と勤務先電話番号に連絡があります。
まずは申込者本人の電話であることの確認と、勤めていることを確実にするためのものです。
電話があるということに不安を感じるかもしれませんが、どのタイミングで行われるのかを知っておくことによって対策が取れるでしょう。
審査が始まる前、申し込みの段階で在籍確認と本人確認の電話の時間を指定できるように対応している銀行カードローンもあります。
5. 可否連絡
審査結果の連絡があります。
自動契約機や店頭窓口での申し込みの時にはその場で審査結果がわかりますが、インターネット申し込みの時には電話かメールでの通知となります。
申込書に記入した電話番号、メールアドレスに間違いがあれば連絡がつかない状況になりますので気をつけなくてはなりません。
6. 融資限度額の通知
審査で判断された融資限度額が伝えられます。
借り入れ可能な金額になりますが初回の場合消費者金融で15万円から20万円、銀行カードローンでは20万円から30万円ほどに決められる傾向があります。
7. 契約
融資限度額に納得ができたとき契約に進みます。
逆に融資限度額が希望金額には到底足りないとなったときには契約をしないという選択肢もあります。
意外と思われるかもしれませんが、申し込み=契約ではありません。
8. カード発行
自動契約機であればその場でカードが発行されます。
店頭窓口でも同じです。
しかしインターネット申し込みではカードの受け取りができませんので自宅へ郵送されます。
9. 融資
カードがあればすぐにでもATMからの借り入れができます。
インターネット申し込みでカードの到着までには時間がかかる場合、カードがないままに振り込みによるキャッシングを口座に受けることもできます。
カードローンの申し込みの流れはこのようになっています。
消費者金融でも銀行カードローンでも同じ流れです。
申し込みから融資の流れを知ることでどのように進んでいくのかが分かりやすくなるものです。